Topics Headline

現在ご覧いただける情報がございません。

We Produce
Creative Power.

Everything we do is geared toward
the advancement of industry.

ConceptionismConceptionism

発送を鮮明に各産業分野で技術革新が加速する中、製造企業は高精度の追求やコスト削減、納期短縮などに全力で取り組んでいます。特に生産拠点におけるFA(ファクトリーオートメーション)化の進展はとどまるところを知りません。

大石機械は“機械をつくるための機械”、つまり工作機械・機械工具の専門商社です。創業時より培ってきたコンサルティングノウハウを、先端技術を有する製造メーカーにマッチングさせ、FAを強力にサポートすること。これが最大の使命です。ユーザーニーズを的確に把握して製造メーカーに持ちこみ、共同で技術開発・システム構築を行う。その成果を設備計画や生産計画に着地させ、ユーザーにフィードバックしています。

このような事業展開の過程で重要なのは、常識にとらわれない『発想』です。マーケティングに裏打された技術志向を貫いた上で、世の中にない工作機械や機械工具を創造する気概を持たなくてはなりません。私たちは、FAの未来探索のために発想力を切磋琢磨し、総合的なコンサルティング業務を通してNEXT−NEWを追究しつづけています。

発想主義。

卓越したコンサルティングノウハウを
最先端機械メーカーにマッチングさせ、
ユーザーの期待にジャストフィットします。

当社の創業は昭和27年1月。それ以来、工作機械・機械工具の専門商社として、お取引先の暖かいご支援を頂きながら、皆様と共に歩み成長してまいりました。グローバル化・ハイテク化・ネットワーク化社会といった未曽有の変革期に突入している今日、当社は来るべき新時代を見据えて、最先端技術の導入を高めつつ、さらに技術指向を強めております。

そして、マーケティングをはじめ、設備計画まで提唱できる商社として、培ったノウハウを皆様方のお役に立てさせて頂くことを念願としております。今後とも、工作機械・機械工具の専門商社機能を基軸に据え、物流機器や環境衛生機器などの販売部門を強化し、当社貿易部による輸出入業務の拡大に努めてまいります。

さらに大石機械グループ関連各社の総力を結集させ、多岐にわたるユーザーのシーズを創造し、多様なニーズに対応する企業体制の構築に取り組んでいく所存でございます。何卒、今後とも倍旧のお引立てと、ご高配の程、賜りたくお願い申し上げます。

〈代表取締役〉
大石 直良

3つの事業領域に
CONCEPTIONismを通底させ、
産業社会に貢献する。

アクセス